To view this page ensure that Adobe Flash Player version 11.1.0 or greater is installed.

sakura_vol327_07_capital_vol100_03 7/24/19 5:10 PM Page 1 (7)2019 年 7 月 27 日号(第 327 号) インタビュー いる生心にの政当しシジ え 東経ルルヨでダ伺続記スの まのロ事関政府してンャウて― 京てへ・ー記ウいけ者ト主日 すかーで係策のて働トーォい今 で副転スク者・まるとリ要本 。とンあすが金いいンナーたの 勤支職トでとジし林しー紙で ワいなるるど融るてDルルだお 務局しリのしョた由てトで生 シうど住のの規のいC(・け仕 さ長、ー勤てー。佳第・あま ン記に宅かよ制はま支Wスま事 れと東ト務東ンロさ一ジるれ ト事どロ、うでアす局Sトすの まし京・後京ズイん線ャウ育 ンをうー彼にすメ。のJリか内 して特ジ、、経タにでーォち の書影ンら消。リ私記)ー?容 た 11 派 ャ ウ ニ 済 ー お 活 ナ ー 、 前い響、の費政カの者のト を 。年員ーォュ通通話躍ルル米 はてす学関者府の担とワ・ 教  間をナーー信信ををの・国 、 語聞な2な融たっいはたと世学はは済語ア終 た も特ど日東 」記る希ぜ機いてけま。い界し当困をもメわ大き―しに幅本京 を者こ望か関と金なずたう銀て時ら専多リり学っジて福広の支 はにとは全を思融いおだ希行国、な攻少カ頃をかャい島い経局 じなでジ部受っ業。金、望や際まいしでに。出けーまの分済で めるしャ落けて界そを大を国関ず時たき交高たはナし原野、副 と人たーちた、でこ稼学持連係ア期のた換校の?リた発を政支 しは。ナまの外何でが院っでのメででし留生は ス。事カ治局 て「日リしで資年英なにて働勉リし、大学のバ ト 故バ、長 、四本スたす系か語く行いき強カた就学しとブ に のー外と た字でト。がの働をてくまたをに。職で、きル な 取し交し く熟新に第 、 金き使はにしいし留私に経英にの っ 材 なて 、 、 、 職かいるか「くば済っ目 結 にっ いるきいやなっ内のあ強いさ しっう日」婚なかをたでアくし―うとまろっいと定でましのん ま た こ 本 と し か り 専 交 す メ る ゃ 日 感 30 し い て と 向 が す り て で 勉 し外と企いたっで攻換。リきい米じ年たろみ思いでが期いす強 た資を業っらた居し留最カっま両で以が悩たいてま、待ながし 。系一でた仕。心た学初にかす方す上、みらこいし3しか、な その切は質事 地ら。は住けがで。や気な面のるた社てっ私く の通聞な問を就は周大高むは、働 っがが白道の。受いたはて て付らかにかそけな。あは 当信いくば辞職あり学校の?アい 時社て、かめ面まはで生は 、にこそりる接り男はで4 メて リい きい進っ入もこてかなまな たてんたりしで2っのりら 3 世就なうすので良性経行回 カら とみで。、れき社たで勉な 林由佳さん 、 林 本 こ事 ンりにまい一東あ仕り導長たま幅人やしはし特い ンそをスーっで上 信アたでしにをなててっ京と界 とを―ト、入たと回京っ事ましとのし広た政た金た派か にの5がクて自、ア社メ後ジまアしりいいたにい各 、しジン希る、いアでたをしたしでたいち府が融。員と 空あ年あ本い分やメでリ、ャしメたまなる同集う国 楽てャに望時子うメ仕の続たりてす。分を、、関東と言 きとほり社たのはリ働カ帰ーたリとしいと僚まジか し い ー 転 し 期 供 思 リ 事 で け 。 し 、 が 10 野 追 震 そ 係 京 し わ いてナ勤てだがいカしすてそて若、年をい災のをにてれ 場 が、ど、にと力りカい人国ナ。カこた自、とっャら で東書金転こを本のてのしリコのろ。分あ一てー日 こ、リし4っちがでてがいのやい後ほカかのう担転日W とつスて年たょあ力、、くまり人半どバけ後ち当勤本S は ら ト き 前 こ う り を 何 10 選 ま が た は 東 ー た は 国 し し に J ま 由圧の た京い融勤ろ試場会い夫、ズロ大で2がま緒いナ本 かでて関す、しの社まと記ムン学逃年恥りにてリで らポい係るニたアにし結者をビ院げほずに仕、ス働 た 何かのしにとどま試か年択東いち副京しり福際てて戻の でっおたワも大ししもほ肢京もへ支にてし島関い最り東 した仕。シあ学たたうどもであ指局いいての係ま初ま京 。 佳倒ア 行ジまのチュいメ働。婚仲勉アにるどか勉事そトき かシし記ャーとリく なョた事ンヨ思カ以 。 。間強大留よ仕し強をうがた 通のし学学う事くししい東い 旺方 味なあとくかです布どう費て日 盛は―でどるかれらくごにうな者い本ワとた京たうたい こが東きいっと さ的メ のクてに頭い本らも時 ものあメ生東すく起書 記本い対し、のい書は日らアるリ懸アるのきく日う ょ な子ジは、の「て「れく関なるがまのシもまで。こりっ 方供ャと反で私どこるたわるの自せこン事っフそとすて がのーて応ぜもうう。くるのか分んとト実てラうがるも 多頃ナもがひこもいそさ記か、た。はンで少スいどわ使 ん な数 リ 事社きすてそ経扱い、本うメ人カ命ジ自人てこ本か をのまるくの済って日経こリはに記ア信にいとに? )エし需る代がても本済とカ読い事やがわるはい 使デた要とわ経い書のがはのむるに日あか現楽て のカ いかリ楽多聞うあううん事、住ちアまにすしトうんけっ ウ っィ。は、り済まき記繁と読け読書本 り象し日 のらスしいいいりこいのに日宅のメっき。疲レのどでて てタニ少日にがしき事栄て者れ者いのるやをい本 。 で好トいとてうがとう人つ々ロ貯リたて れーもんすく ォ くーュな本中勢たれをしもにどはてこ ー 読で すみ。の で は奇にすいほ経と書人がいのー金カく、 てシあ増。れ だにーくの国いがな書て難読、興もとけくて実記 と心な。うし験ういた読ておンはの書今 きョっえそな さ「ヨな記がを、いいいしん多味、をれ説、際事 意いが」てちんは財はど消いは たンててうか い(ーっ事台失日くてたいで数がア一ど明多にを 思がる 」 、 ル 者自 」 私 。 、 「と私か番窮の感で小 と の 記 圧 よ て う は く 移 は ん 20 い 大 負 間 ネ は 楽 い力 ま ・ がか羽だにい学居たでど 代う ス か分 思こ事倒っ今よ言さ民、で年まきし、イアしジる、―し ならをり帰こ校心め聞うをはら暗屈高がす中生をの っとを的てはういんで英い、しなな母テメいャこ記ジた く私広、っとで地先いし「、中いで学なが学ま過で ト ら て に 読 に 、 、 に 訳 い 成 語 く 30 た ハ け 国 ィ リ 仕 ー と 者 ャ 。 な立げ英てにはが生ててなや学時し年か、校れごす リ のの い大ん多日英なにる功をう年。ンれ語ブカ事ナはとー りにて語本しあ悪かし?んた校期たくっ低はもさが まきでく本語りなかし母ちとでデばでで人でリ何しナ だ行いのをよまからま」でらには。らた学公育れ、 すなもの語でまららて国にキもィいななばすスでて いっま勉たうりっ煙うとそにか小私いの年立ちまど 。意ら人で書しな、い語、ャ、だけいいか。トす大リ ほ義えに書くたいもるとこリさとな英のりでのか事ス かがる自くこ。、う人しのアす思い語で。も仕?にト ー ト 反 力 ぶてし強くとしたた性納ういけ学のかにのへもしん 楽、たなさ決ゃ。が格得なろて校人ら、時行日たな に窮。どんめべそら。すのんでの生ず小はっ本か子 ・ 応を のあ。分よとそとそはな国をがっので長私周事 しの な屈高し読、らこれそる?なす後でっ学違たで?供 人るそのりにし思れたいに積にては勝いはりは て魅 りさ校てん家なでてのま こ 半一と校和のす 時 、 、、 」 。 。 ジ に ャ 試 も材失念フ事 うがわにェにジ事意ー違 仕の「と ノ インタビュアー ー 手し 一完なとアしャを見」う 村上博美 むらかみひろみ 件了いらでてーしをとこ Japan Institute for Social 取とこわあいナて言いと ナ ご 材思とれるるリいいうを Innovation and Entrepreneurship ル たた をっ。ずここスま、と心 したそ、ととトす一こ配 (JSIE) 代 表 。 日本と米国に てとし好、はと。匹ろせ 記 者 えい みこて奇固、し 狼はず てグローバル るろ、心定常て 的自に 人材育成ワー こ、で取を観に大 に分、 クショップを 開催。ワシン る事のを的 ま事こ人の分開だえい番字と ト ン DC 経 済 のに活書に―すをれにでをいけるうのを。 が林躍く取真。書か読感信てで。こ醍読で 戦略研究所 楽さのと材摯 いらん謝用く、記と醐むき (ESI)や戦略国際問題研究所(CSIS) しん基いしに てもでししれい者で味こる な ど の 研 究 員 を 務 め 、 2015 年 に みのなうて向 い頑もててるろ証いはと限 503(c)3 非 営 利 団 体 JSIE で名の姿納き き張らいく。んをろ、、り 「 す前で勢得合 たっうるれそな持ん記でた (www.jsie.net)を創設。米国際経営 。をすがしい いてた。るれ人っな者すく 学修士、米国ジョンズ・ホプキンス 見ね林た、 といめ多こだがて人」ねさ 大学高等国際問題研究大学院(SAIS) つ。さ記徹 思いにくとけ心いにだ。ん 仕事中の林さん け記ん事底 い記、のな自をる会と一活 国際関係論博士。